ここから始まるSDH

【part01】CROSS TALK  COVID-19の向こう側

こんにちは!チームここはじのみなみです☆彡

 

本日は先日チームここはじで企画・開催しました、「役員座談会」をお届けします!

今回は「part01」ということで、政府から発表があった2月から、当院の方針決定までを振り返ります。

 

万全の三密対策のもとマスク着用にて座談会を行い、写真撮影時は1名ずつマスクを着脱し撮影しております。

※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)

辰巳

2月22日政府からCOVID-19に対し発表がありましたが、医師でもあり経営者でもある皆様はどう捉えられたんでしょうか?

 

長嶋

武漢の映像をメディアで目にした時には、衝撃的でした。

プリンセスダイヤモンド号の症例の時には、いよいよまずいぞと。

ただ私は医師という立場上、一般の方に比べ、受動的な姿勢でも早く多くの情報を得ていました。

先に衝撃を受けていた事もあり、2月の時点では怖いと言うより、冷静に当院をどうにかしなければという使命感を感じていました。

 

塚原

私は、正直甘く考えていました。

例えるなら遠くで大地震が起きた時のような印象ですね。

知り合いが要請を受け、県内に停泊しているプリンセスダイヤモンド号の現場へと乗り込んでいく姿をみても、応援する気持ちはありましたが、自身が最前線に乗り込みに行くわけでもなく…

神奈川で日本初の死者が確認された時、認識が高まったというところでしょうか。

 

辰巳

いやぁ~非常に共感します。遠くで大地震が起きたようなと言うのは対岸の火事というか。

確かに私自身もそうだったなぁと思います。

 

嶋村

僕も別の世界というか…

放っておけば収まるだろうと甘く捉えていた自分がいました。

 

辰巳

役員も職員も危機感が高まったのは“緊急事態宣言”などの聞きなれない言葉が飛び交った頃かもしれないですね。

 

長嶋

おっしゃる通りですね。時間もかかりましたし、当然バラつきがありました。

当院が中小病院で即時的な対応を求めらなかった為、職員の関心を一定に合わせるのに時間をかけられた事は幸いでした。

 

辰巳

当院のCOVID-19に対する対応は非常に早かったなぁという印象を持っています。

またCOVID-19に対する方針は明確であったと伺っています。

方針の意思決定の経緯についてお教え頂けますでしょうか?

 

嶋村

医師としての想いもあり、判断が難しい部分もありましたが、当院は要介護高齢者の高齢者医療を担う急性期病院である事を考慮し、

「入院患者様と一緒に働く仲間である職員を守る事」という経営判断をしました。

 

長嶋

そんなシンプルな一言では片付けられないですよ。

2月25日政府の方針が発信されたと同時に当院でも上級管理職を召集し会議を行いました。

会議では、職員の感染症診療に対する“恐れ”を、それも専門職から強く感じたことを覚えています。

その場にいた院長と目が合ったのは、きっと同じ事を感じたからだと思います。

そこで私が判断したのは、最悪の事態が起きた時の方針をトップダウンではなく、段階的に職員にみせていくという事でした。

経営判断の場においてもそれは同じで、トップダウンではなく一定の意見交換がありました。

 

 

辰巳

なんにしろ判断が簡単ではなかったと思います。

その頃世の中は経済の停滞を、政府は医療崩壊を止める方針であったと感じています。

どういった判断を下すかは、どういった見方をするかによって変わってきますよね。

塚原先生はどうでしたか?

 

 

塚原

私は次々と県内の病院で院内感染の発表があり、当院でも発生時の想定をすべきだと判断しました。

そこで発生後~診療再開までのシミュレーションを各部署の職員と共に行いました。

シミュレーションは発生時どのような事が起きうるのか、どのような対応をするのか、各部署の職員が考え発言し、活発な意見交換となりました。

各セクションの機能が止まれば、病院としての機能も維持できないことに改めて気づき、ダメージを最小限に抑えるための対策も大切だと感じました。

 

辰巳

ありがとうございました。

他院では「先生どうしましょう?」と全ての意思決定を医師に求める姿が少なからずあったと聞いています。

当院では、先程のお話を含め多くの意思決定のもと取り組みを行っていると思いますが、その辺りはどうでしたか?

 

 

院長

取り組みの中でも、玄関対応は大きなトピックでした。

上級管理職を始めとして、多くの職員が能動的に動いてくれた結果だと思います。

COVID-19に対して恐れていた期間が短く、既に学びに変わっていると考えます。

それがあったからこそ、私たちがミスリード、ミスジャッジせずに今日の湘南第一病院があると思っています。

 


 

役員座談会part01は、いかがでしたでしょうか?

前半は、糸が張り詰めたような緊張感が漂う中でのスタートに、心臓が高鳴りも最高潮で、とにかくメモを取ることにに必死でした(;’∀’)

会が進むに連れて、和やかな雰囲気となりました。

記事にはなっていない、未公開ショットやトークもあったので、【予告編】で公開中です👀✨

是非ご覧ください!

 

 

私の感想含め未公開ショットやトークを公開中!

「【予告編】CROSS TALK  COVID-19の向こう側」

 

 

続けて、PART02も絶賛記事作成中です☆彡

乞うご期待\(^_^)/

 

 

💡8月14日更新💡

後編をアップしました!ぜひご覧ください☆

「【part02】CROSS TALK  COVID-19の向こう側」

 

 

TOP