ここから始まるSDH

当院職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

  • 2021.03.02

2021年3月10日(水)

 

新型コロナウイルス感染症の当院職員の感染について【収束】

この度、湘南第一病院の職員1名が新型コロナウイルスに感染したことにより、

長い期間、患者様とそのご家族、地域の皆様、関係者の皆様など多くの方々にご心配、

ご迷惑おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

2月27日の職員1名の感染発生以降は新たな感染者も無く、3月1日に入院患者様及び全職員に対してPCR検査を実施し陽性者がいないことを確認いたしました。最終発生から本日3月10日で2週間が経過いたしました。

 

このような状況と、保健所の評価を踏まえて、皆様に2021年3月10日をもちまして当院における新型コロナウイルス感染事案は「収束」したことをご報告させていただきます。

 

なお、外来診療及び施設専門外来、訪問診療は、通常通り行ってまいります。

より一層の感染防止対策を講じながら、地域の皆様に安全で安心な医療を受けていただくため職員一丸となって努力を重ねてまいります。

今後とも皆様のご理解、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先

湘南第一病院 地域連携部 部長 大塚 拓  電話:0466-44-7111

 

湘南第一病院

病院長 嶋村 浩市

 


2021年3月2 日(火)

 

・2月27日(土)

当院職員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

当該職員は、2月26日(金)にPCR検査を受けた結果、陽性が確認されております。

これに伴い、入院診療の受け入れは一時停止の判断をいたしました。

 

・2月28日(日)~3月1日(月)

入院患者様・接触の可能性のある職員の計259名にPCR検査を実施し、全員の陰性が確認されました。

保健所へ結果の報告を行っております。

 

・3月2日(火)

上記結果により、通常診療体制を再開しております。

 

 

以上、関係者の皆さまには多大なご迷惑・ご心配をお掛けして誠に申し訳ございません。

引き続き保健所と連携し、感染拡大防止対策を励行してまいります。

 

 

湘南第一病院

病院長 嶋村 浩市