ここから始まるSDH

患者様の肌を守れ!!フットレストカバー大作戦👀✨

こんにちは!チームここはじの平塚陸です!

 

日中は初夏を思わせる暖かさが続き、大好きな夏が待ち遠しくなって参りました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、少し前に当院で取り組んだ「フットレストカバーの制作」について、お届けします。

 

病院には「医療安全委員会」の設置が義務づけられており、もちろん当院にもございます。

医療安全委員会では、院内で起きたインシデント・アクシデントを把握し、医療事故の発生防止や再発防止を目的に、話し合いを定期的に重ねています。

その中でも、車いすのフットレストに患者様の足が接触し、怪我をしてしまうという事例が少なくありませんでした。

そこでフットレストカバーを装着して、事故を防止しようという企画が持ち上がったのですが、そのきっかけは1人の患者様のご入院でした。

 

というのも、当院にお裁縫の得意な患者様が入院されており、入院生活を少しでも日常に近いものにして差し上げたいと、病棟スタッフが話し合いを重ね、安全にお裁縫ができる環境を整え、お裁縫を楽しんでいただきました。

様々な作品を制作してくださり、その取り組みとプロ並みの腕前は院内中に広がり、医療安全委員会のスタッフの耳に入りました。

 

「せっかくならばフットレストのカバーを作っていただくのはどうか?だったら患者様だけでなく、院内スタッフも巻き込んで、院内の全車いすに装着しよう!」

 

この発案から僅か2~3週間で、入院中の患者様と院内の有志のスタッフが集い協力し、素材集めから、お裁縫、そして装着まで…

 

約50足ものフットレストカバーを皆で協力しながら制作し、早速病棟で使用されています✨

 

1人の患者様の楽しみを実現させることを目的に始めたことでしたが、結果として院内の医療安全を守ることにまで繋がりました。

関わるスタッフが多くなればなるほど、可能性は無限大なのだと感じた取材でした‼

取材しているとスタッフ同士で縫い方を教え、教わりながらチャレンジしている姿もあり、職種に関係なく、誰かの「やろう!」という声に、「いいねー!、手伝うよ」という院内の雰囲気で、関わるスタッフの顔も良い表情でした(^▽^)/

 

よし!!僕も誰かの何かを手伝ってきまーす!!ちがうかーーー

 

湘南第一病院で働いてみたい!と思った方はコチラ✨

【採用見学会のお知らせ】    【採用情報】