ここから始まるSDH

新たな常勤医師が仲間に加わりました!~西本隆亨医師のご紹介~

こんにちは!採用広報戦略室のみなみです!

 

本日は、この1月に新たに常勤医に加わりました、

西本隆亨(にしもとたかゆき)医師をご紹介させて頂きます。

 

西本医師は、平成27年よりおよそ4年間、非常勤医として

当院内科外来を担当してきましたが、

この度常勤医として勤務することになりました。

 

現在は外来・入院患者様に対する診療の他、

施設入居者を対象とした訪問診療においても早速活躍しています。

 

 

それでは、早速インタビュー内容をご紹介していきます♪

 

******************************************

 

【Q.先生の生い立ちを教えて下さい!】

 

A.出身は和歌山県です。父親は医師でしたが、早くに亡くなり母子家庭で育ちました。

幼少の頃は活発なタイプで、柔道などをしていました。

高校3年生になる頃までは、とにかく勉強には興味がなかったですね。

 

【Q.医師を目指すきっかけは?】

 

A.幼稚園の頃、父親にプレゼントされた宇宙の図鑑にのめり込み、

「新たな発見」や「前人未到」といったものに憧れるようになりました。

特に“宇宙ロケット”に強いロマンを感じ、当時は夢中でした。

 

いよいよ将来のことを考え始めた頃、心臓移植の本と出会いました。

それまでは医師という職業に抵抗すら覚えていましたが、

命を助ける仕事に強いロマンを感じ、心臓血管外科医になることを決意しました。

 

【Q.高齢者医療に特化している当院で本格的に働こうと決意されたきっかけは?】

 

A.心臓血管外科という先進的な医療部門で勤務する傍らで、

湘南第一病院では縁あって平成27年より非常勤として働かせて頂いていました。

そこでは、高度経済成長期を支えてくださった人生の先輩達と

医師として数多く接する機会を頂きました。

 

少年時代の僕達を助けてくれた諸先輩方が、日々病院へと受診にいらっしゃいます。

元気を取り戻される方もいる一方で、残念ながら最期の時を迎える方もいらっしゃいます。

そうした現状と直面する中で、何かしたいという想いが日に日に高まっていきました。

 

嶋村院長や長嶋副院長・塚原副院長らの熱意にも大きく影響を受け、

常勤として湘南第一病院に身を置き、高齢者医療と正面から向き合うことを決意しました。

 

 

【Q.ガラッとお話は変わりますが、休日の過ごし方について教えて下さい!】

 

A.学生時代はよくサーフィンに出掛けていましたが、最近は自宅で過ごすことが多く、

主に音楽鑑賞や読書に時間を充てています。

音楽は、クラッシックから、ジャズ、ロック、レゲエなど、オールジャンル楽しんでいます。。

読書については、医学書から、経営や哲学、ビジネス書まで、興味があれば何でも読みます。

 

また、時間がある時には、絵画などの展覧会やウィンドウショッピングに出掛けます。

 

【Q.苦手なものとかはありますか?】

 

A.特にないですね・・・食べ物は何でも食べますし。

あ、出先で長い行列に並んで待つのは苦手です(笑)

 

【Q.最後に、今後の抱負をお聞かせ下さい!】

 

A.世代・場所・立場を問わず、全ての方が安全で質の高い医療を簡易的に受けられる

医療システムを地域全体で構築し、高齢の患者さんはもちろんのこと、

それを支える方々の負担も軽減し、これからの世代の方々にとっても

明るい未来をまずはこの湘南エリアで築いていけるよう、尽力していきます。

 

 

― 西本先生、ありがとうございました!

 

*******************************************

 

続いて、当院の診療部長でもある、副院長の長嶋にもインタビューしてきましたので、

ご紹介いたします♪

 

*******************************************

 

【Q.長嶋副院長から見た西本先生はどんな方ですか?】

 

A.“心臓が動く、止まる“を手で触れて目で見て生死のはざまを知っている。

だから診療に厳しく、言動は時に強引で激しい。

白衣を脱ぐと意外にもおしゃべりな様子は吉本風。

少し怖いさんまちゃんは、もしかして笑いにも厳しい!?

・・・そんな印象です。

 

【Q.どんな活躍に期待されていますか?】

 

A.萎縮することなく情熱的に、院内外で縦横無尽に働いて欲しいと思っています。

 

【Q.西本先生へ一言、メッセージをお願いします!】

 

A.手抜きならぬ手加減の余裕を携えて、仕事の幅を広げてください。

それが自身の目指す高みへと跳躍する土台になります。

 

― 長嶋副院長、ありがとうございました!!

 

*******************************************

 

以上、インタビュー内容のご紹介でした♪

 

西本医師のお人柄は伝わりましたでしょうか!?

 

硬派なイメージの強い西本医師ですが、

実はユーモア溢れる一面も垣間見られ、

私のしつこい取材にも、終始笑顔で応えてくれました(笑)

 

また、インタビューを通して、

改めてその仕事に対する熱量と、

社会と真剣に向き合っていくという覚悟に圧倒されました。

 

長嶋副院長の期待の大きさも、コメントの端々から伝わってきますね(*^^*)

 

尚、当院ホームページ上でも、西本医師のプロフィールやご自身の想いなどを

詳しくご紹介していますので、皆さんぜひ下記リンクからご覧ください☆

http://shonan-daiichi.jp/doctor/006/

 

以上、1月から常勤医師となった西本医師のご紹介でした!

TOP