ここから始まるSDH

朝の挨拶コラムvol.15 ~地域連携部 今井~

おはようございます!

“チームここはじ”のみなみです!

 

当院の朝は、館内放送による職員からの挨拶によって始まります。

 

この“朝の挨拶”は、新病院の開設以降、継続して行っている

当院らしさの詰まった取り組みの一つです。

 

管理職者を中心に、職員の持ち回りで毎朝行っています。

 

患者様、あるいは院内職員に向けて、日頃感じていることや考えていること、

印象に残った場面、新聞や本などを通して新しく気付いたことなど、

各担当の職員が自由なテーマで内容を考えています。

 

自分自身の伝えたいことを言葉に出して発信する貴重な機会であり、

また数分程度の挨拶の中にも各職員の個性などが垣間見えて、

私自身も毎朝とても楽しみにしている時間の一つです。

 

当院公式ブログ “ここはじ” でも、

継続的にそのご挨拶の内容を紹介していきます。

 

さて、本日は、地域連携部 今井 主任 からの

朝のご挨拶をご紹介いたします!

 

それではまいりましょう。

ピーンポーンパーンポーン♪

 

***********************************

おはようございます。

地域連携部の今井と申します。

 

4月も後半に差し掛かり、平成も残すところあと少しとなりました。

連休を前に、週末を今か今かと待ち望んでいるかたもいらっしゃるかも知れません。

 

大型連休ということで、家族サービスで旅行に出かける方、普段なかなかできないことに挑戦する方、

体をしっかりと休まれる方、様々な使い方をされる事かと思います。

ただその連休中にも普段と同じように世の中のサービスを受けられるのも

誰かが働いてくださっているからなのだと思います。

 

ジョージアの缶コーヒーのCMで

‘‘世界は誰かの仕事でできている。’’

このキャッチコピーを耳にしたことがある人もいるかと思います。

 

そう思うと自分が毎朝食べるこのコンビニのパンも

それを作っている人、 お店に運ぶ運転手、 店頭に並べ、売る人、、、

様々な人が関与していることを考えさせられます。

 

それは当院でも同じことで、一つの医療、介護というサービスを提供するために、

様々な部署、職種の方が関与しております。

誰かひとりの活躍だけで目的を達成することはなく、
ひとりの力でやったように見えても、

実はその周りで多くの人たちが支えているからこそ仕事ができています。

それぞれに業務や役職の違い、また得意不得意があるなかでお互いを

補完しあいながら一つのサービスに繋げていく。

私自身も皆様に多くを支えていただきながら、日々を過ごしている中で、

改めて自分は一人で働いているのではない事を考えさせられました。

 

自分の業務の先で待ってくださる方、一つのことを共に考え、行動し切磋琢磨する方、

自身の間違いを指摘してくださる方、、、

 

その多くに支えられながら今の自分があることをありがたく思いながら

今日一日を過ごせていけたらと思います。

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

***********************************

以上、地域連携部 今井 主任 からの朝のご挨拶でした!

 

“世界は誰かの仕事でできている”

確かに!!

感慨深いCMだ・・・

正直、当たり前で、そんなこと考えたことなかったです・・・

 

1つの商品/サービスが提供される時だけではなく、

それまでの色んな人達の想いが詰まっているのだと思いました(*´ω`)

 

いつも誰かに支えられている!!

・・・私も、誰かの支えになっているのかな?!

先ずは、出会った人には、「ありがとう」を伝えて、

感謝の気持ちを忘れない事から始めようと思います!(^^)!

 

次回、朝の挨拶コラムvol.16は、5月7日の火曜日に掲載予定です。

乞うご期待!

TOP