ここから始まるSDH

朝の挨拶コラムvol.20 ~診療部 栄養課 課長 長谷川~

おはようございます!

“チームここはじ”のみなみです☆彡

 

当院の朝は、館内放送による職員からの挨拶によって始まります。

 

この“朝の挨拶”は、新病院の開設以降、継続して行っている

当院らしさの詰まった取り組みの一つです。

 

管理職者を中心に、職員の持ち回りで毎朝行っています。

 

患者様、あるいは院内職員に向けて、日頃感じていることや考えていること、

印象に残った場面、新聞や本などを通して新しく気付いたことなど、

各担当の職員が自由なテーマで内容を考えています。

 

自分自身の伝えたいことを言葉に出して発信する貴重な機会であり、

また数分程度の挨拶の中にも各職員の個性などが垣間見えて、

私自身も毎朝とても楽しみにしている時間の一つです。

 

当院公式ブログ “ここはじ” でも、

継続的にそのご挨拶の内容を紹介していきます。

 

さて、本日は診療部 栄養課 課長 長谷川からの

朝のご挨拶をご紹介いたします!

それではまいりましょう。

ピーンポーンパーンポーン♪

 

***********************************

皆様、おはようございます。

栄養課の長谷川です。

 

6月に突入し、気温が高いだけでなく湿度も高く蒸し暑い日が続いています。

梅雨入りももう間もなくといったところでしょうか?

梅雨の時期は、じめじめして気分も落ち込みがちですが、

そんな気分を吹き飛ばし少しでも明るく過ごして頂きたいという思いを込めて、

本日は栄養課よりご入院中の皆様に季節感を演出した

手作りのデザートを提供させて頂きます。

 

この時期にピッタリのデザートを課内のメンバーで考えてみたのですが・・・

皆さんはどんなデザートを思い浮かべますか?

 

それでは・・・

少しだけヒントをお出ししたいと思います。

「梅雨の雨のしずくが光に反射しているようにみえるこの時期限定のデザート」です。

もうお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが・・・

どんなデザートか?お昼ご飯の時間まで想像しながら待っていて下さい。

 

当院では、ご入院中の患者さまに、季節を感じて過ごして頂きたいという思いから

旬の食材をとり入れ、その時期に合わせた献立を作成し、調理師が毎食手作りして

お食事を提供させて頂いております。

これからも、多くの皆様に喜んで頂けるような「皆様の心に残る一品」の提供を

目指し続けてまいります。

 

それでは、本日も宜しくお願い致します。

 

 

***********************************

 

以上、診療部 栄養課 課長 長谷川からの朝のご挨拶でした!

 

不安も多い入院生活中の患者様に、個々の嗜好や食形態に合わせた食事を作り、

ささやかながら食事の楽しみを届けたい!

そんな栄養課のスタッフ一人一人の想いがたっぷりと詰まった食事は、

“生きる活力、源”ですね🍚😋

 

さて、朝からずっと気になっていたデザート♡

一体、どんなデザートだったのでしょうか!?

 

答えは・・・

 

じゃーん✨

“紫陽花”ゼリーでした😆

お花と葉っぱにちなんだカラーで見事に彩られていて、芸術的🎨

なんと!!

それぞれの色で味も食感も違いました👀

 

細部にもこだわり、手間暇かけて作られてる~♡と感じる食事でした❣

 

患者様やご面会に来られたご家族もとっても喜んで下さっていたそうです。

また、食事介助に携わるLCさんも、その反応を見て嬉しかった、と話してくれました。

 

紫陽花ゼリーに興味を持たれた方は、スタッフまでお声がけください☆

栄養課スタッフより、秘伝のレシピが聞けるかも?!(*’ω’*)

 

次回、朝の挨拶コラムvol.21は、6月17日の月曜日に掲載予定です。

乞うご期待!

 

TOP