ここから始まるSDH

朝の挨拶コラムvol.25 ~採用広報室 室長 中村~

おはようございます!

“チームここはじ”のみなみです☆彡

 

当院の朝は、館内放送による職員からの挨拶によって始まります。

この“朝の挨拶”は、新病院の開設以降、継続して行っている当院らしさの詰まった取り組みの一つです。

管理職者を中心に、職員の持ち回りで毎朝行っています。

 

患者様、あるいは院内職員に向けて、日頃感じていることや考えていること、印象に残った場面、新聞や本などを通して新しく気付いたことなど、各担当の職員が自由なテーマで内容を考えています。

 

自分自身の伝えたいことを言葉に出して発信する貴重な機会であり、また数分程度の挨拶の中にも各職員の個性などが垣間見えて、私自身も毎朝とても楽しみにしている時間の一つです。

 

当院公式ブログ “ここはじ” でも、継続的にそのご挨拶の内容を紹介していきます。

 

 

さて、本日は採用広報室 室長 中村からの朝のご挨拶をご紹介いたします!

 

それではまいりましょう。

 

ピーンポーンパーンポーン♪

 

***********************************

 

皆様、おはようございます。

採用広報室の中村と申します。

 

先日、「あなたの夢は何ですか?」と書かれた記事が目に留まりました。

大人にこの質問をすると、「特にない」という答えが大半を占めていて、夢が無いという事は、ゴールテープの無いフルマラソンで走り続けている事と同じである。

なぜ、夢を持てないのかというと、“自分の夢と向き合う機会を持っていないから”と書かれていました。

 

子供の頃はなりたい職業があり、こんな事をしたいなど、色んな夢があり、希望に溢れていたと思います。

 

なりたい職業の資格を取ることがゴール

入りたい企業に勤める事ができたらゴール

あるいは、やりたい事を色んな事を理由に諦めている

 

大人になると、日々の生活に追われて心に余裕がなくなる、知識が増える事により、理想と現実が違う事に気づくなど、いつの日か夢を持たなくなり、諦めている人生を歩んでいるのかもしれません。

 

大人でも、主婦でも、パパやママでも、何歳になっても、身近でどんなに小さい夢でも、夢を持ち続けていく事が大切だと改めて思いました。

 

何かのせい、誰かのせいと諦めて人生を送るより、自分としっかりと向き合う時間をつくり、問題やプレッシャーがあっても、何かにチャレンジして人生を楽しく生きていきたいと思います。

 

それでは、本日もよろしくお願い申し上げます。

 

 

***********************************

 

以上、採用広報室 室長 中村からの朝のご挨拶でした!

今回は採用広報室の上司という事もあって、中村室長にちょっとだけインタビューをさせて頂きました🎤

 

「人生を楽しく生きていきたい!」と話される中村室長!

記事を読んでいて、「夢は特にない」と回答する人が大半を占めている事にビックリしたそうです

大きな夢でも、小さな夢でも、持ち続けることが大切とのこと。

ちなみに、中村室長の夢は?と聞いたところ、小さい夢で言うと、みんなが笑顔でいること🤩

何かにつまづいた時やつい感情的になってしまう時が誰にでもあると思います。そんな時に少しでも笑顔になれるように、チームここはじのみなみ達と元気いっぱいに取材に行き、記事を読んでくれたみんなが思わず笑っちゃう♪

小さな夢があるからこそ、思うような取材や記事作成が進まなくても、努力する時間も楽しむことが出来ます。

どんなに小さな夢でも、夢を持つことで人生が楽しくなっていく事を、教えて頂きました✨

 

なるほど~!!室長が仕事中いつも楽しそうな理由が分かりました☆

私自身、社会人になってから夢について考えた事なんてなかったです(^^;)

 

確かに学生の頃は、将来の夢を友人同士で語り合ったり、夢に向かって失敗を恐れずチャレンジしたりして、毎日がワクワクして楽しかった事を思い出しました。

 

夢ときちんと向き合おうと思ったと同時に、当院の魅力をたくさん発信して、病院で働く事を、夢にして頑張っている人に、少しでも励みになるような記事を書いていきたいと思いました♡

 

次回、朝の挨拶コラムvol.26は、7月22日の月曜日に掲載予定です。

 

乞うご期待!

 

TOP