ここから始まるSDH

朝の挨拶コラムvol.7 ~ 地域連携部 渉外課 今井 ~

おはようございます!採用広報戦略室のみなみです!

 

当院の朝は、館内放送による職員からのご挨拶によって始まります。

 

この“朝の挨拶”は、新病院の開設以降、継続して行っている

当院らしさの詰まった取り組みの一つです。

 

管理職者を中心に、職員の持ち回りで毎朝行っています。

 

患者様、あるいは院内職員に向けて、日頃感じていることや考えていること、

印象に残った場面、新聞や本などを通して新しく気付いたことなど、

各担当の職員が自由なテーマで内容を考えています。

 

自分自身の伝えたいことを言葉に出して発信する貴重な機会であり、

また数分程度の挨拶の中にも各職員の個性などが垣間見えて、

私自身も毎朝とても楽しみにしている時間の一つです。

 

当院公式ブログ “ここはじ” でも、

継続的にそのご挨拶の内容を紹介していきます。

 

さて、本日は、地域連携部 渉外課 今井からの

朝のご挨拶をご紹介いたします!

 

それではまいりましょう。

ピーンポーンパーンポーン♪

***********************************

2月18日(月曜日)

地域連携部の今井です。

今日は時間の使い方についてお話したいと思います。

一日は24時間、これは誰しもが平等に与えられていて

一日が48時間の人はいないし12時間の人もいません。

その等しく与えられた24時間を有意義に過ごすのも、

無駄にしてしまうのも、その人の時間の使い方次第です。

 

上手に時間を使うには、今日やりたいこと、

やらなくてはならないことを明確にすること。

明確にした事柄に優先順位をつけること。

一日の計画を細かく設計すること。

それらをいつでも確認できるようにすること。

やらなくてはならないことを紙や手帳に書き出したり、

スマートフォンのスケジュールアプリに入れてみても良いかもしれません。

そして最後に今日一日を過ごして、予定通りにすすめられたかを確認し、

出来たのか、何故出来なかったのかを考える習慣をつける。

 

偉そうなことを言ってはいますが、

自分はまだ上手に計画を建てることが出来ずに、

時間に追われ今日終わらせねばならないことが出来ぬまま、

一日が終わってしまうことがあります。

するとどうなるでしょうか?

もちろん翌日にもまた別のやらねばならぬこともあり、

どんどん時間が足りなくなります。

時間が足りないと一つ一つの業務を終わらせることに夢中になり、

目的を見失った質の低い作業、サービスに繋がってしまいます。

 

 

湘南で一番 高齢者にやさしい病院 

それは質の高いサービスの提供につきると思います。

時間に余裕のない人が“やさしい”を提供できるでしょうか。

 

職員一人一人の“やさしい”に溢れた病院こそが、

湘南第一病院らしさだと私は思います。

 

限られた時間を大切にし、

たくさんの“やさしい”を提供していきましょう。

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

***********************************

 

以上、地域連携部 渉外課 今井からの朝のご挨拶でした!

 

先週と朝の挨拶コラムでふれた

“時間の使い方”を改めて考えさせられる挨拶でした。

私は一つの記事を書くと、

あれもこれも書きたい!という想いが先行して

気付けば、自分で決めた〆切に追われる日々に…反省です。

 

思い立ったらすぐ行動派の私ですが、

そこはぐっと我慢してスケジュールをきちっと立て、

 

当院職員の“やさしい”を…

湘南第一病院らしさを…

 

SNSを見て下さっている皆様にも感じて頂けるよう

発信し続けていきます☆

 

次回、朝の挨拶コラムvol.8は、3月11日の月曜日に掲載予定です。

乞うご期待!

TOP