ここから始まるSDH

湘南高齢者医療アカデミー H31.1.31

こんにちは!採用広報戦略室のみなみです!

 

先日「湘南高齢者医療アカデミー」が当院にて行われました。

このアカデミーでは、大学病院から研修に来てくださっている

研修医の先生に、全く違う環境である当院での研修を通して、

“感じた事、そして今後どのような医師になりたいか”

について考えてもらい、当院の各部署の取り組みを、

目的や想いを含め、共有する場として2部構成の発表を行っています。

 

 

今回の研修医は浅野真莉子医師!!

 

 

さて、いざ高齢者医療アカデミーに潜入!!

 

 

講演1 三宅課長より「ここから始まるSDH」

途中、スクリーンが映らないハプニングもありながらも

私たち採用広報戦略室の

ホームページリニューアルからブログまで熱い想いを語って頂きました!

 

 

 

講演2 浅野先生より「湘南第一病院での研修を振り返って」

ここからは発表の内容を少し紹介します

—————————————————————–

湘南平塚出身で、なじみの土地で高齢者医療、入院患者さんを診たい

という気持ちを持って湘南第一病院に参りました!

志望科は「脳神経外科」。

脳や神経が大好きで語り始めたら止まりません。

 

この研修で感じたことは、

話せない患者様もいるため、

支えている方々とのコミュニケーションを親密に取ることの大切さ。

患者様の人生の終末期に、どんな治療を選択するか・・・

点滴一つにしてもすごく考えさせられました。

 

 

今回の研修で、疾患にのみ注目するのではなく

高齢者様でもそうでない方でも、提供する医療が

患者個人やそれを支える周囲の人々の背景に対して

本当に利益になるのか?

誠実に向き合う姿勢を大切にしていきたいと

改めて考えるきっかけになりました。

—————————————————————–

 

発表前は緊張の面持ちでしたが

「脳が好き!語りだしたら止まらない!」

という先生の志望科に対する熱い想いに衝撃を受けました(笑

 

また、研修で感じたこと、

高齢者医療の特色などを分析されていて、

当院の想いが浅野先生にも伝わったことに、

温かい気持ちになりました。

 

どんな時も患者様と誠実に向き合う浅野先生を

湘南第一病院から応援してます!!

 

今回の研修期間の様子はfacebookでも紹介しています

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

TOP