ここから始まるSDH

2019年採用説明会 ~第六弾 日常【診療部 栄養課】~

こんにちは♪チームここはじのみなみです♥

 

“チームここはじ企画”『2019年採用説明会』について引き続きご紹介します!(^^)!

採用説明会についての紹介はコチラ【採用説明会の開催について

 

本日からは各部署の日常の中でも、湘南第一病院ならではの取り組みにスポットを当てて紹介していきます♪

各部署のスタッフさんに取り組み内容はもちろん、取り組みに対する想い等、沢山のお話を伺って参りました。

 

本日は、「診療部 栄養課」のご紹介です!

お食事を提供した後に病棟を回り、患者様を安全に食事がとれているか確認などを行う“ラウンド”についてスポットを当ててお届けします☆

 

先ずは、各病棟の患者様にお食事の配膳が行われた後に、栄養士さん達は患者様のもとへ訪れます。

栄養課

患者様のお食事が安全に進んでいるか等、患者様の様子を直接見て、確認しています。

 

当院に入院される患者様はご高齢の方が多く、直接訴える事が難しい方もいらっしゃるので、自分達の目で患者様の状態をしっかり見る事と看護師や介護士にヒアリングをして、多くの情報を集めています。

 

例えば、増粘剤(とろみ剤)をつけている方は咽てないか?作り方で工夫した点が成功しているかなど、トロミや食形態を調理師さんも一緒にラウンドして、食事を作っているからこそ分かる目線で患者様の様子を特に注意してみています。

 

そして食事だけではなく、スプーンのサイズや食器の種類にも気を配り、患者様に合っているものが提供されているか、食事が進まない原因を探っていました。

栄養課

患者様からのご要望は勿論のこと、付き添いのご家族様・ご施設様がいらっしゃる際には、今までの食生活や好きな物なども伺い、普段のお食事に近いものを提供できるように作っています。

 

ここが当院の強みです!

直営なので、全て自分たちで考え調理をしているので、ご要望に直ぐにお応えする事ができます☆

 

患者様が喜んでいただいたエピソードを1つご紹介します♪

食事が進まない患者様がおり悩んでいた時に、リハビリスタッフからその患者様が「アンパンが好きで、食べたい」と言っていたと情報をいただきました!

早速栄養課スタッフで話し合い、食パンにあんこをのせた“あんトースト”を提供しようとしたところ、その患者様は、アンパンのパンの皮の少し焦げたところが好きだという事がわかり、好きなものを食べて頂きたいという思いで、急遽ロールパンにあんこを挟み提供したそうです。

 

いつも食べているアンパンを提供する事は出来ませんでしたが、その患者様は病院で食べる事が出来ると思っていなかったと、とても喜んで召し上がっていただけたそうです(*´ω`*)

栄養課

各病棟をラウンドした後に栄養課全スタッフに対して、患者様の様子や他スタッフからの意見を共有して取り入れ、みんなで意見交換する時間を大切にしています。

 

“作り方を改善・工夫した事で患者様が食べられる様になった”“患者様のご要望に応え、以前よりも食事が進むようになった”等、患者様が喜んで楽しく食事をしていたことを報告する時間は、チームの一体感をより感じられるので何より嬉しい瞬間です。

 

以上、病棟ラウンドの想いや取り組みをご紹介させて頂きました。

 

次回の栄養課のご紹介では、一番力を入れている『食事作り』についてお届けする予定です。

乞うご期待!!

 

栄養課についてはコチラもご覧ください

👉【栄養課

👉【公式ブログここはじ~栄養課~

 

採用情報についてはコチラをご覧ください

👉【採用のお知らせ

TOP