ここから始まるSDH

2020年度MCセミナー

こんにちは!“チームここはじ”の平塚陸です💨

 

日増しに寒さが身にしみるようになりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒くなるとホクホクの温かいおやきが恋しくなります。

…ついつい食べ過ぎちゃうヤツ

 

 

さて本日は「2020年度MCセミナー」を張り切ってご紹介いたします!

 

「MCセミナー」とは?概要ついてはコチラ✨

MCセミナー~取り組み紹介~

 

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、こうした学びの場の開催も危ぶまれていましたが、学びの機会を可能な限り設けたいという組織としての方針もあり、感染対策、三密回避を徹底し、7月からMCセミナーを開催しています。

 

 

僕自身、昨年このMCセミナーで先生方の様々な講義を受けて、興味をもって更に自身で学びたい、学ばなければならないと感じ、高齢者医療に携わる医療従事者として自覚を持った瞬間でした。

 

余談にはなりますが、僕が長嶋先生に憧れたきっかけが、まさにこのMCセミナーです!

医療業界未経験の僕にも分かり易く、人の気持ちを動かす言葉の選び方、語り口調、長嶋副院長の熱いセミナーに、出会えた機会でもあるんです!

 

 

・始めに今年度のMCセミナーのコンセプトについて

 

今年度は、新しい医師や職員が入職したこともあり、共に高齢者医療に関する知識を基礎から学び、理解を深める必要があると考え、原点に戻り2017年度に行った、MCセミナーの内容をメインに構成しています。

その内容は、2017年度でも行った診療に関わる基礎的な知識に加え、更にステップアップした知識や、医局としての考えや取り組みの発信も含まれています。

 

 

・ここからはMCセミナーの内容を一部ご紹介いたします。

 

第1回目は「1.診察と診療録 2.問診」

医療用語や診察、診療録(カルテ)に慣れ親しみ、用語の意味や業務の意味、何よりこの研修の目的を理解した上で、このMCセミナーでの学びは、セミナーを受けている時間に留まらず、絶えず実践していく必要があるというお話がありました。

誰もが読める/わかる診療録はどのようなものなのか、実際のカルテの例を見ながら、勉強しました。

 

 

 

第2回目は「視診・触診・聴診」

医師の診察では具体的にどこをどのように見ているのか?

手首や足首・首を触る、眼を見る、舌をみる、胸を聞くことで、身体の何を知ることができるのか。

バイタルサインと皮膚状態をメインに学びました。

 

以上MCセミナー当日の様子でした。

 

大きな声ではいえないですが、今になって知る事も多かったです(笑)

 

 

僕は今年度のMCセミナーの内容が、以前よりグレードアップしている聞き、専門職であろうがなかろうが、ある一定の知識が備われば良いのではなく、どこまでも高め続ける継続性が大切なのだと感じました。

 

以前のMCセミナーで、医師もこのMCセミナーで講義する内容について、勉強して臨んでいるという話を聞き、その事実と姿勢に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

今後も1回1回、学ぶ姿勢を大切に多くの事を吸収して還元していけるようにMCセミナー皆勤賞をとりたいと思います!!

 

 

僕の憧れ長嶋副院長の紹介ページはこちら!

【内科副院長 長嶋医師】

 

当院での学びの機会を見てみる!

【#学び】