ここから始まるSDH

MCセミナー ~軽んじない丁寧な診療 ― 実践編 ~

こんにちは!“チームここはじ”のみなみです♡

 

本日は、先日院内で行われました、今年度第5回目のMCセミナーの様子をお届けします✨

 

「MCセミナー」の概要についてはコチラ

👉MCセミナー~取り組み紹介~

 

今回のテーマは、「軽んじない丁寧な診療 ― 実践編」!

 

当院診療部のビジョン=「軽んじない丁寧な診療」を象徴する、院内の4つ取り組み。

訪問診療、要介護高齢者ペースメーカー外来、訪問健診、入院診療。

それぞれの取り組みにおける、各部門の連動の形をどのように描いているのか。

診療部の部長でもある長嶋副院長より、熱いメッセージをふんだんに交えてお話を頂きました💨💨

 

それぞれが高みを目指して自主性を発揮し、みんなで“SDH(湘南第一病院)クオリティ”を創り上げていくこと。

 

関わる方への徹底的な配慮を各部門が行うことによって、これまでにない新たなサービスの在り方を見出していくこと。

 

単に検査結果や数値を出すことに満足するのではなく、高齢者の特性に応じた“本当に価値のある情報”を提供していくこと。

 

医師が主体ではなく、医師も含めたそれぞれの部門が自主学習によって専門性を高めることによって、お互いに補完し合いながら主体的に診療を支えるチーム医療を実現していくこと。

 

・・・こうしたメッセージを伺う中で、どの取り組みについても、“医師頼り”にするのではなくて、各部門がそれぞれ専門性を発揮して補い合いながら、チーム全体で同じ方向を目指して一緒に質を高め合っていくことが大切なんだということが、私自身も良く理解することができました💡

 

回を追うごとに、MCだけでなく他部署からの参加者が増えているこのMCセミナー。

この日も、看護師や薬剤師、理学療法士や診療放射線技師、受付課スタッフなど、様々な職種の方が、「うんうん」と頷きながら真剣にお話を聴いている姿を見て、「違う役割の方達が集まってチームをつくるとこんなにも頼もしい気持ちになるんだな~」と感じました!!

 

 

さてさて、今回は、MCセミナーには毎回欠かさずに参加している、今年3月に入職された新人MCさんに突撃取材❣

セミナー受講者側の実際の学びや姿勢にもスポットライトを当ててみましたので、インタビュー形式でご紹介させて頂きます🎤

 

Q)今回のMCセミナーについての所感をお聞かせ下さい!

―A)新人研修中の自身にとっては、当院の高齢者医療に対するプロフェッショナルな姿勢に身が引き締まる場面も多いのですが、現在地に留まることなく、常に更なる高みを目指しているということを改めて強く感じました。

自身も仕事を覚えることを目的にするのではなく、常に学び続けていく姿勢を持って取り組んでいきたいと思います。

また、診療録については、医療業界未経験の者からすると、ある意味「聖域」とでも言いますか(笑)、触れてはいけないものというイメージだったのですが、ちょっとした気付きや感じたことなども積極的に各職種から意見して良い、というお話が既成概念を取り払う機会となり、医師との距離感もより一層近いものに感じました。

日頃から、私も診療録の「中身」によくよく目を向けていくことを習慣付けていきます。

 

Q)ご自身にとって、MCセミナーとはどんな機会となっていますか?

―A)自身のMCとしての質を高めるための自己学習の機会であると同時に、チームで診療に取り組むことの大切さを学ぶ機会にもなっています。

また、例えば、救急医療の現場における医師の葛藤など、それぞれの医師のリアルな経験なども交えながら診療に対する考え方を聞かせて頂けるので、毎回新しい発見があり、とても楽しみにしています。

部署や職種に関わらず、それぞれの専門性をお互いに高め合ってSDH(湘南第一病院)クオリティを高めていく、という一貫したスタンスをリアルに感じることの出来る一場面でもあるので、早く自身も一人前としてチーム医療の一端を担えるようになりたいと、自身を鼓舞するような思いで参加させて頂いています。

 

Q)MCセミナーでの学びを踏まえて、今後についての意気込みをお聞かせ下さい!

―A)現時点では、直接的に診療補助や退院支援などの業務を担うまでには至っていないので少し抽象的ではありますが、MCセミナーでの学びは、患者様に関わるあらゆる業務において、個人や自部署のみでなく他部署と協働した“チーム”への意識を持つことに繋がっていると思います。

医師や看護師、その他の専門職任せになるのではなく、またMCの業務のみにとらわれることなく、今の自身にも何か患者様のために出来ることがあるのではないか、誰かとと日々模索しながら行動を重ねていきたいと思います!

 

以上、新人MCさんへのインタビュー内容のご紹介でした🎵

 

最後に、長嶋副院長から参加者に向けられた当日のメッセージの1つをご紹介いたします。

 

「胸を張って仕事をして欲しい」

自分自身の仕事や役割に誇りを持って、常に学ぶ姿勢を保ちながらのびのびと活躍すること。

そんなことをどの部門のどのスタッフにも期待している、そんな熱いメッセージでした🔥

 

私自身は診療に直接的には関わりませんが、こうした取り組みの一つ一つをブログに乗せて発信していくことで、当院の取り組みを一層加速させていくことに今後も貢献していきたいと、改めて強く思ったセミナーのひと時でした✨✨

 

長嶋副院長、ありがとうございました!

 

 

※現在、地域連携部相談課MCの採用説明会を随時開催中です!

ご興味のある方は、ぜひ下記リンクより詳細をご覧ください♪

👉2019年 湘南第一病院採用説明会 お知らせ

 

地域連携部についてはコチラ

👉地域連携部 部署紹介ページ

 

 

TOP