ここから始まるSDH

You&meカレ湘南~team Return&Repay~ 少し前の勉強会のお話し②

こんにちは!チームここはじの、平塚陸です💨

 

当院では本来であれば、院内スタッフ・地域の介護施設のスタッフを始め外部の方々をお招きして仕事&業務から意図的に離れて互いに高め合うという事を目的とした勉強会、「ユメカレ湘南」を定期的に開催しております。

 

今回もコロナ禍ということで院内の完全クローズセミナーとなりました。

三密回避で分散開催となり2週連続で開催となりました。

 

またまたみなみ先輩に声を掛けてもらい、図々しくも僕は2回参加いたしました♫♫(笑)

 

前回のユメカレは👇👇

【You&meカレ湘南~team Return&Repay~ 少し前の勉強会のお話し① 】

 

前回参加してから継続していることは、冷静になって物事を最後まで考えること。

それによって、以前よりも計画をしっかり立てるようになり結果的に不足な事態・急な依頼があっても慌てなくなったと感じています‼

 

今回のテーマは、

『介護の価値を再定義する』

 

今回は、“介護”に携わる皆様には絶対に読んで欲しい!!!と思っております。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

――――――――――――――――――

Return & Repayとは

超高齢社会、医療・介護事業者の対応力を高めようという取り組み。

勉強会「ユメカレ湘南」。

 

 

そして今回のテーマは、「介護の価値を再定義する。」

“介護”と一言でいうが実は、家・施設、病院それぞれの場面で異なる介護があり、似て非なるもので同じではない。

 

効率重視・ヒト不足が現場で起きどんどんリスクを排除していった結果、利用者様が割を食う事が多発。

介護の「業務化」の進行が、介護そのものの価値を下げていると結論づけました。

 

さらに家で行う介護以外で、「業務介護・サービス介護・良質な介護」があると定義付けました。

良質な介護とは、ご本人、ご家族を受容する足し算の介護。

 

介護の価値を高める為には、先ずは我々が正しく知り&受け入れることからがスタート。

“介護”は“介助”ではない。

 

もっと広義の意味で“介護”を捉えて、分け隔てなく職種や業務にくくらない。

湘南第一病院は、使命感を持ち・ポジティブに良質な介護を目指し推進していくということで今回の勉強会が終了いたしました。

 

――――――――――――――――――

 

今回のテーマ「介護の価値を再定義する」

 

最初は何を言っているのだろうか!?と思いました。

現在LC事業部に所属し、日々働いている私ですが正直、今日まで介護の価値について考えたことがなく、今回も頭をフル回転させて考えましたが、課題を残す形でフィニッシュとなってしまいました…

 

ですがこれは絶対に自分自身の言葉で語れるようにならなければ!と思い、個人の宿題として継続して取り組みます。

 

振り返るとライフケア事業部で働いて約2年が経ちますが、何となくできている自分がいましたが、それは小手先のテクニック&スキルの話しであり、根本的なものを置き去りにしている事に気がつきました。

 

誰が為、何の為の介護であるのか、仲間と考えをぶつけ合うぞ!

次回もユメカレに参加したいな、考えるという事がたのしくなってきた♫

 

次回も要チェックやーーーー!

 

当院の勉強会など、「学び」について知りたい方は要チェックや!

【#学び】

前回のユメカレ記事を要チェックや!

【You&meカレ湘南~team Return&Repay~ 裏側に潜入!!企画~当日まで・・・】

(これまでののユメカレ記事のリンクも貼ってあります↑↑)

ユメカレの講師を要チェックや!

【トップキーマン 大塚】