消化器内科・医師の紹介

 当院消化器内科では、胃カメラ大腸カメラ等の内視鏡検査が対応可能となっております。大腸カメラでは大腸がんの早期発見、大腸ポリープの切除も対応しております。
大腸ポリープは見つけ次第その場で切除可能です。血液サラサラのお薬を内服されている場合、休薬の必要がある場合がありますので、ご相談ください。
鎮静剤ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

 便潜血検査のみで安心されている方は危険です。
便潜血検査とは、健診にて主に行われている大腸がん健診のことです。
この検査は便に血が混じっているか否かを見ている検査のため、大腸癌があっても出血していなければ引っかかりません。大腸癌早期発見、ポリープ発見するためには日頃から大腸カメラでの検査が望まれます。
どんな病気でも早期には全く症状がないことが多いので、気になるという方はお気軽にご相談ください。

このページの一番上へ戻る