嶋村 浩市

病院長/医師

1998年3月 北里大学医学部卒業
1998年4月 東京女子医科大学 循環器内科入局
2002年1月 立正佼成会付属佼成病院 循環器内科
2003年5月 大阪市立総合医療センター 循環器内科
2006年4月 東京女子医科大学 循環器内科助教
2006年5月 湘南第一病院 内科循環器科医長
2009年4月 湘南第一病院 副院長 就任
2013年2月 湘南第一病院 病院長 就任

内科・循環器科へ blog

湘南第一病院人として

~湘南で一番高齢者にやさしい病院を目指し続ける~
ご存知のように日本社会は世界に類をみない超高齢化が加速しております。
現在、高齢化の比率が25%を超え、日本は超高齢社会となっております。
2025年には高齢化の比率が30%を超え、2060年には40%を迎えると予測されております。
戦争を乗り越え、高度成長を支え、一生懸命に汗水を垂らし、この日本を豊かにしてくださった人生の先輩である、先人・先代の方々が認知症を含め介護を受けざるを得ない時代となっております。
この超高齢社会と向き合い、地域のご高齢の皆様、そしてそれを支えるご家族の皆様が住み慣れたこの湘南の街で安心して暮らせる生活の支援ができるよう、医療・介護・福祉に携わる同志達と力を合わせながら連携を強化し、湘南地域の中で医療・介護・福祉連携の架け橋の役割を果たす病院となります。
湘南でいちばん、ご高齢の方、そのご家族の方、その関係者の皆様にやさしい病院を目指して、この豊かな日本を築きあげてくださった先人・先代の方々の魂を受け継ぎ、超高齢社会を実りのある社会になるように社会貢献を続けることで先人・先代の方々に恩返しができる病院を目指し続けてまいります。

個人のビジョン

さらなる少子高齢化を迎える日本社会において、この豊かな日本社会を創りあげてくださった人生の先輩である先人・先代の方々を敬い、この超高齢社会をリスクと感じさせない社会、介護ストレスゼロ社会、死を尊いものとし皆で支えあう社会の実現に寄与し、次世代に希望にあふれる社会を繋いでいくことを社会使命とし、
その実現のため、医療・介護・福祉に携わる同志達と手を取り合い、
この湘南から超高齢社会におけるモデル地域を構築し、日本社会、そして、
これから高齢社会を迎える世界に発信していきたい。
それを大真面目にやり続ける、それが・・・
豊かな日本社会を創ってくださった先人・先代への恩返しと考えております。

TOP